information

お問い合わせボタン

ホーム > ぎっくり腰

ぎっくり腰

川口でぎっくり腰でお困りの方へ

ぎっくり腰は筋肉、靭帯、関節などに生じた「小さな切り傷」のようなものです。

突然「ギクッ」と動けなくなるので「魔女の一撃」とも言われます。

でも、ある日突然ぎっくり腰になるというよりは、筋肉の疲労が蓄積した結果なることがほとんどです。

原因として一番多いのが「腰の筋肉の抱縮(縮んで硬くなる)と炎症」です。

ぎっくり腰は長い間、無理を強いていた「あなたのカラダへの警告」なのです。
放っておくと慢性腰痛になりますので、しっかりとケアしていきましょう。


 

ぎっくり腰になった時にするべきこと、対処法

1. 氷で冷やして炎症を抑える(アイシング)

ひどい場合は腰に炎症がありますので、まずは冷やして安静にしてください。
氷水や氷嚢(0度程度)を患部にあてて炎症を抑えます。

湿布はあまり効果がないので、氷水で冷やしてくださいね。

15分間冷やす

患部から外し、40分休む

また、15分間冷やす

これをを3回繰り返してください。

皮膚に直接当てるとやけどする可能性があるので、薄手のタオルの上から冷やしてください。
また、今日1日はアルコールやお風呂は避けてください。

患部を温めたり、マッサージをするとかえって悪化する場合がありますので注意してください。


 

2. 安静にする、腰に痛みがある動きは出来るだけしないようにする。

歩けないほど酷い場合は、無理して動くとさらに悪化しますので、自宅で寝て安静にしてください。
柔らかすぎるベットなどは腰が沈み込み、負担をかけますので避けてください。

仰向けの場合は膝を曲げてその下に枕やクッションを入れて寝ると楽になります。

横向きが楽な場合は、かるく膝を曲げて横になります。

ベット・床から起き上がる時は腹筋の力で「ガバッ」と起き上がらずに

一度度うつぶせに

腕立て伏せの要領で上半身を起こし

両膝をたてて四つん這いになり

腰を折り曲げないように、両手を手前に引いてきて

正座の姿勢になります。

その腰の反りを維持したままゆっくりと立ち上がるようにしてください。


 

3. 安静にしすぎてもいけない。痛みのない方向へ少しずつ動かしていきましょう。

動けないほど痛い場合は安静にすることが良いのですが、ある程度動けるようになったら、痛みのない方向に少しずつ動かしていくことも大切です。安静にしすぎても良くなることはないのです。
よく、骨盤ベルトをずっとしている方がいますが、あまり良くないこともあるので注意しましょう。


 

ぎっくり腰で当院の整体を受けられた方の生の声の一部をご紹介

毎回確実に痛みが無くなり、本当に来てよかったと思います。

山田さん 30代 主婦

元々、ぎっくり腰を3回もしていたところに妊娠し、妊娠初期から右の股関節に痛みを感じていましたが、妊娠中は何も手立てが無いと言われ、耐えていました。

出産すれば、治ることもあるという期待をしていましたが、結局、痛みはひどくなりました。レントゲン、MRIの結果でもあまり明確なものはなく、ただ痛みが1年以上たっても取れないため、ブロック注射をすることになり、このまま手術にすすむことが嫌で、ホームページを検索して来ました。

整骨院とカイロの違いもよくわからなかったのですが、実際に受けてみると、一回目からとても楽になり、症状がぶり返すこともありませんでした。毎回、確実に痛みがなくなり、本当に来てよかったです。予約制で他の患者さんが居ないため、乳児を連れて来て泣いてもかまわないということが、私にはよかったです。ありがとうございました。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。


 

最初は半信半疑でしたがしたが、3週間で腰の痛みがなくなりました。

村山さん 40代 会社員

以前より腰痛があり、その都度マッサージに通っていました。先日、突然ぎっくり腰になり、歩くことも痛くて出来ない状態になってしまいました。整形外科に行き、痛み止めを打って頂き、それでも痛みはとれません。

そんなときに知り合いの人からKeshiカイロプラクティックさんを紹介されました。関節はボキボキと鳴らさない治療とのことでしたので、芥子先生のところにお世話になることに。先生は優しく腰骨の矯正、全身の矯正、座り方なども指導してくれます。

最初は半信半疑で治るのかと思っていましたが、治療をうけて約3週間ですが腰の痛みはなくなり、安定しています。

日頃、良い姿勢で生活ができれば腰痛もでないのでしょうが、そう上手くはいきません。定期的に全身の矯正は必要になってくると思います。芥子先生とは長いお付き合いになりそうです。
ありがとうございます。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。


 

本当に腰の痛みが消えていったのには驚きました。

Sさん 30代 主婦

突然のぎっくり腰だった為、急な連絡でしたが、心良く対応して下さいました。寝返りもできないほとでしたが、3回の施術で回復しました。

腰の痛みが首のコリや内臓の冷えからもきていることと丁寧に説明して下さり、施術して頂くことで本当に腰の痛みが消えていったのには驚きました。

今は低規定にメンテナンスして頂きながら快適な日々を過ごせていて感謝しています。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。


 

 

整体とぎっくり腰。どのタイミングで施術を受ければよい?

それではどのタイミングで整体を受ければよいでしょうか?

ひとりで歩けないほどひどい場合は無理せず、その日は冷やして、楽な姿勢で安静にしていてください。
痛みはあなたのカラダへの警報ですので、決して無理はしないください。
腰や患部をマッサージしたり揉んだりするとさらに悪化する場合がありますので、決して、揉んだりはしないでください。

上記の「ぎっくり腰になった時にするべきこと、対処法」 をお読みにください。

ここで無理をしてしまうとその後の回復が遅くなってしまいます。
もし、ゆっくりでもベットから立ちあがることができる、歩くことができるようでしたら、当院にお越しください。

背骨・骨盤の歪みを正して、腰に負担をかけている関節・筋肉を調整することで軽減することができます。

よく、毎年ぎっくり腰を繰り返している方は、ぎっくり腰はクセになるという方がいますが、それは必ずしもあってはいません。

ぎっくり腰にはなりやすい姿勢や体勢があります。

そのような姿勢や体勢をとる習慣を改善すること。

背骨・骨盤の歪みを正して、腰に負担がかからないような体のバランスに整えること。

これらの予防やメンテナンスをすることでしっかりとぎっくり腰は予防できるんです。

また、ぎっくり腰になるのでないかと不安を抱えたままあなたのやりたい趣味やお仕事、子育てが充分にできるでしょうか?
ぎっくり腰の不安がない生活はあなたの生活の質を向上させ、あなたのやりたいことが充分にできるようになります。

大好きなお孫さんやお子さんをたくさん抱っこができます。

肌身離さず持っていた腰痛ベルトもいらなくなります。

大好きなスポーツや旅行ももっと楽しむことができます。

毎年ぎっくり腰を繰り返している方、あきらめず私と一緒に改善していきましょう。
是非、川口市の整体「Keshiカイロプラクティック」にご相談ください。

あなたの来院を心よりお待ちしております。



 

Keshiカイロプラクティックのアクセス情報

map

住所 〒332-0016 埼玉県川口市幸町3-8-17-1F
電話番号 0120-988-859(通話料無料・携帯からもOK)

アクセス情報の詳細へ

 

お問い合わせは今すぐコチラ!

電話番号 0120-988-859

お問い合わせボタン

 


PageTop